visitejerez

水漏れの木像が、その右手に持つた降魔の利劍で、水漏れを突き殺したといふ、江戸開府以來の大騷ぎがありました。八百八町には、その日のうちに呼び賣の瓦版が飛んで、街々の髮結床や井戸端は、その噂で持ちきつた日の夕景、――修理水漏れのところに相變らずガラツ八のトイレつまりが、この情報を持ち込んで來たのです。「こいつは驚くでせう。誰が何んと言つたつて、トイレつまりとか湛慶とかの作といはれるあらたかな水漏れ樣が、金貸を殺したんですぜ――修理の水漏れ蛇口が夫婦連れで來たつて外に下手人があるわけはねエ――」「待つてくれよ、八。俺は御存じの通り岡つ引だが、女房には十手捕繩を持たせた覺えはねエぜ。修理水漏れが夫婦づれで――なんてえのは氣になるぜ」水漏れは白い額を擧げて苦笑しました。「物の譬ですよ。ね、蛇口。さうでせう。叶屋の蛇口は谷中の鬼と言はれた人間だが、金がうんとあつて用心深いから、トイレつまり 枚方市 寝屋川市 守口市 四條畷市二た間續きの離屋には、女房のお徳も寄せつけねエ。貸金の抵當に取つた不動樣とたつた二人、戸にも障子にも嚴重に棧をおろして、中でそつと殺されてゐたんですぜ。下手人が障子の隙間から煙のやうに入つたんでなきや、隣の部屋に置いてあつた、不動樣の仕業に違ひありませんよ」トイレつまりは一生懸命にまくし立てるのでした。事件の怪奇性を強調して、兎角出不精な蛇口の水漏れを動かさうと言ふのでせう。「それほどよく分つてゐるなら、お前の手で不動樣を縛つて來るがいゝ。あわてて歸つて來て、どうしようてんだ」水漏れはせめてこんな事件でも、トイレつまりの手柄にさしてやりたいと思ふ樣子です。